ふらふら漂“留”記録

卒業まで半年、ここまで来たのに留年するかね。

悲しみは癒えずとも

愛用していたクリップオンマルチをなくして
はや2週間が経つ。

粗品でいただいたノベルティ品。
機能的に便利なのはもちろん、
ノベルティのデザインもすごく気に入っていたのだ。

いまだショックから立ち直れず、
そのうちひょっこり出てくるんじゃないかと淡い期待を捨てきれない。

しかし「4色+シャーペンかつ油性(否なめらか油性)」
を携帯しないのは非常に不便。

仕方なしに新たな相棒を探しに行くのであった。

「4色+シャーペンかつ油性(否なめらか油性)」
いくつか見比べ品定め。

クリップの耐久性、
いつも持ち歩く片割れとの見た目の差別化、
インク・書き心地の無難度。

せっかくだからクリポン以外で、と思ったものの、
結局クリポンに落ち着きそう。しかも同じ白い軸色。

なくしたアイツを思い出して辛くなりそう(´Д⊂


久々にボールペンを物色してると、物欲も甦るわけで。
以前は金がないためにスルーしたあれやこれに手を伸ばす。

その中の1つ。
ジェスト4&1ネイビー。
軸太いし、0.7やし、ジェストインクはもう自分のなかではおなかいっぱいだし
買っても使わなそうだけど、

キラッキラしてんだもん。

ハンズがまとめ買い20%オフなのをいいことに
衝動に任せて買ってしまおうかと悩む。


幸福だあっはぁぁ!

スポンサーサイト

PageTop

仕事と文房具2

誰にも言い出せないのでここで吐き出すことにする。


会社ではジェットストリーム0.7が支給されている。
みなさん「なんか書きやすいよねー」と好評価。

仕事のパトーナー先輩に至っては4in1愛用だ。
「他のより液がゆるいんじゃない?減りがはやいし・・・」

(そうなんです!新油性系と呼ばれる低粘度インクなんすよ!!)←自重


メモ書き、伝票、作業票、公文書。
あらゆる、というか全ての書類にジェストが使われるわけだが、

「これ書きやすー」

そうですよね。でもそのうち油浮きして滲むんですけどね。
だから長期保存用や公文書には使わない方がいいかもですよ。

なんて言えない・・・|ω・`)

保存状況によればきれいなままだし、
滲んでもちょっと汚くなるだけで読めないってほどではないし(たぶん)。

とか言いながら自分は使い分けしてるんだけどねww


使い分けに使っているのは以前記事に書いた
クリップオンマルチのノベルティ品。

インクの書き心地は良好。油性の安定感だ。
たまに書き出しの悪さが見え隠れするけど。
(ジェストの弱点だったような)
これは上向き使いしているせいだろう。

問題は軸のほう。
何度か落としたせいか、ノック切り替えがスムーズにいかないときがある。
1つの出口に2色の芯がいちゃって詰まる。
治せるかな、これ。

しかしシャーペンが使えるのは非常に便利だった。
思った以上にシャーペンの使用が多いから、相棒であるジェストinリポ4だと使えなかったろうな。
仕事でメインはこっちになってるし。


はたから見れば多色ボールペンを2本持ちして変な奴なんだろう。
でもジェストinリポ4は一緒にいないと不安なんだwwww

PageTop

報酬。

仕事の関係のお手伝いにかりだされた。
手伝いってもなんもしてなかったんだけど。

その現場で用意されていた粗品。
メーカーさんの社名とキャラクターが入っている…

多機能ボールペン (`・ω・´)
しかもこれは恐らくアヤツ!
たぶんそうだよなぁ、気になるなぁ。

横切る度にちら見。


すると帰りがけ、

「それ持ってっていいよ。」

まじで!いーーんすか!?(゚∀゚)
顔は冷静を装うも心はウッキウキ。

いやぁ休みの暑い中来て良かったわぁ~


予想通り、
天下のクリポン、クリップオンマルチですよ!
珍しいわけでも高価なわけでもないけど、
思いがけなく頂けたので嬉しい。
多機能ペンの定番、使って見たかったしヽ(´∀`)ノ

ノベルティだから使うのもったいないけど
油性のボールペンが欲しかったので使っちゃおーと。

油性(否新油性)のボールペンは食わず嫌いしていて、
いつも使うのはジェットストリームの0.5。

しかし、
・長期保存時の裏抜け→私的な記録はともかく、正式・提出文書には使いたくない
・字の汚さが目立つ
・複写に不向き
の理由から、やっぱ普通のボールペン0.7は必要と思っていたところ。
クリポンはシャーペンも付いてるし、ほんとちょうどいいところに来てくれた。

懸念するところは、軸の太さ。自分の最適は12mm。長書きはしないだろう。
そして「多色2本持ち」。。でもジェストinリポ4は私にとってお守りみたいなもんなんで。


さて、これで資格勉強への気分もあがるかな。


PageTop

仕事と文房具1

久々に文房具と戯れる。

仕事帰り、疲れて半分寝ながらハンズと世界堂を徘徊。
じっくりと文具を眺める。

まずは手帳を探す。
2013年の手帳がずらり。もうそんな時期か・・・と切なくなりつつも、
自分がほしいのは今すぐ使える手帳。来年じゃなくて今。

2012年の手帳。
「アーティミスの月間+週間」で始まったものの、
それほど書く予定もなく、持ち歩くのも荷物ですっかり本棚で寝そべっている。

第2選手はロルバーン。
雑記帳と手帳が一体化したことでなかなか便利だったが、メモページを使い切り。

またロルバーンで行きたいところ。
だが、仕事用のメモとしてロルバーンミニサイズを持ち歩くようになり、
加えてもう一冊持ち歩くのは避けたい。

で、月間の薄い手帳を探しに来たのであった。

今から使えるとなると選択肢はあまりなく、
ダイゴーの19か月使えるやつにした。

「手帳は月曜始まり派!」「なぜ月曜始まりが少ない!」などと散々言っていたが、
今度は会社のカレンダーに合わせて日曜始まり希望。

こちらは見事に月曜始まりであります。嗚呼orz

--------------

仕事で常に持ち歩くメモはロルバーンのミニサイズ。
Mサイズに慣れ親しんでいるのでずいぶん小さく感じる。
しかしポケットに入れておくのにはこのサイズがジャスト。

なんの迷いなくロルバーンをセレクトしたが、
この手のメモ帳はやっぱり縦めくりだよな、と思う。
手に持った時にリングの大きさがネックなのだ。

売り場をうろつき目に留まったのがツイストリング。
大きさが持ちやすく、ページ差し替えが楽なのはいいよなぁ、
しかし表紙の薄くて書きにくいかなぁ。

メモが「書かれる方」なら「書く方」も考える。

「書く方」は一択だと思っていた。
まさかパワータンクを使うような仕事をするようになるとは。
教えてもらっている先輩もパワータンク。黒・赤を常備している。

ところが、
頭の悪い私は多色ペンで色分けしてメモしたい。
結局、相棒のジェットストリーム0.5inリポーター4を使っている。
軸については問題ないが、
ジェットストリーム芯には少々頼りないところ。
自分用のメモにはいいが、正式、保管書類には避けたい。
0.5の細さゆえ、人に見せられる字が書けない(私の字の汚さの問題)。
実際の支障が出るまでは非加圧ペンで行こうとは思うが、
ジェストに関してはノーマルインクも検討したい。
ジェスト以外食わず嫌いになっているし、これを機会に他も使ってみたい。

といいつつ、ジェストの替え芯を買っちゃったんですけどね(爆

PageTop

手帳とメモと

駄目だった。

手帳とメモ、2つを持ち歩くことが私にはできなかった。

手帳はほとんど家でお留守番。
しかも週間ページに予定を書くこともほぼなく、
日記的な使い方しかしなかった。

予定の詳細は、別に記載があったり
常に持ち歩く雑記帳(ロルバーン)に書いてしまう。


そこで、
雑記と月間スケジュールが一体化した
ロルバーン手帳が最適なのでは、と考える。

しかしだ。
リングノートだから左ページが書きにくいし、
日曜始まりじゃないし・・・


ということで、自分で作ることにした。
現在の雑記ロルバーンMに月間ページをつける。


レイアウトはなにも難しいことはない。
適当に。

問題はサイズ。
ロルバーンのMはA6変形。
印刷設定の選択肢からこれより大きくて一番近いサイズ(洋型2号)
で印刷。
(普通にA6でもいけた気がする)
ロルバーンのページに合わせて切って、貼り付けて完成。


120330_1724591_convert_20120330175831.jpg
いえーい。手作り感は否めないけど。
これでリングを気にせず書けるぞ。
上ページが書きにくいじゃん、という突っ込みはスルーすることにします。

黄色に白だとお粗末な感じなので
穴あけて直接リングに通そうか迷い中。

まずは手っ取り早く貼ってみた。
開くたびにのり(はってはがせるスティックのり)の匂いがwww(;~∀~)


これで現手帳は完全に日記帳へ。

うーむ、せっかく買ったのにちょっと残念(´ー`)
ま、またそのうち戻すかもしれんし、いいか。

PageTop