ふらふら漂“留”記録

卒業まで半年、ここまで来たのに留年するかね。

不完全卒業(3)

言えなかったことは他にもある。


ゼミの教授は本当に面倒見のいい、頼れる人だ。
ゼミ生の誰もが先生に支えられて、頑張ってこれたんだと思う。

もっと先生と話をしたかった。
私は肝心な自分のことを人に話せない。この欠点に最近気づいた。
どうでもいいことはぺらぺら喋るのに。

自分のことに関する真面目な相談が苦手なのだ。
判断力も決断力も皆無なクセに。

不安なこと、嬉しかったこと
考えたこと、思ったこと
さらけ出せばよかった。

注ぐコップも飲み物もあるのに。
しかもコップに注いだ飲み物は、
とても美味しくなるんだ。

先生も
私がさらけ出すのをいつも待っていた気がする。

ごめんなさい、先生。

スポンサーサイト

PageTop

不完全卒業(2)

卒業式。これで最後かな。


小中高大と卒業してきて、
今回初めて卒業が寂しいと思った。

小学校は「どーせ中学でもみんなと会えるし!」
中学は「別にどうでもいいかなー。」
高校は「さっさと卒業したい。1日でも早くこの場所からと離れたい。」

名残惜しい気持ちなど全くなかった。

今回だって、
留年だし、ゼミ生しか知り合いいないし。
まったくダメな大学生活だった。

なのに寂しく感じるのは、
おそらくゼミの先生、人たちのおかげだろう。
本当にみんな良い人だと思う
特別仲良しなわけではないが、
一緒に卒論を乗り越えた仲間。
このメンツにもしばらく会わなくなるのかと思うと、
ああ、卒業が寂しいってこういうことなんだとわかった。



卒業証書は、私が4回生でトンヅラしたゼミの教授から渡された。
正直、どんなこと言われるのか
どんな態度取られるのか、
ビビッていた。
教授が話している時、顔も見れなかった。

しかし、名前が呼ばれ受け取りに行くと
「やかはかさんね。おめでとう。」と普通に言ってもらえた。
私は「お世話になりました。」と小声で伝え、受け取った。

忘れてはいないと思うのだ。
あまりない名前だし、かなり迷惑失礼なことをしたから。
本当は「すみませんでした」と言いたかった。
予想外におめでとうと仰っていただけたので、
言えなかった。


PageTop

不完全卒業(1

なーがれーるきせつーのまーんなーかでー


大学を卒業した。
いろいろ考えたが、式には出席してよかった。

この先卒業式を迎える人のために、
1日の流れを振りかえる。

袴の着付けは卒業式会場と同じ建物内にあった。
9:30からの着付け時間に合わせ、8:00前に家を出る。

着付け場所に到着。
受付を済まし(私はないが、する人はこの部屋でヘアメイク。)、着付け部屋へ。
一室に10数名の女子たちが着付けられている。結構狭い。
着付けは待ち時間含めて20分程度。
着てきた服・靴と荷物は用意された大きな袋に詰め込み部屋の隅に置いておく。

要るものだけ手持ち袋に入れ、撮影へ。
言われるがままにポーズをとり、10分程度で終了。

卒業証書授与式はちょうど1時間。
次は学科ごとに部屋に別れ、証書の受け渡し。

学科主任の先生から話、優秀生の発表の後、
一人ずつ名前を呼ばれ証書を手渡しされる。
周囲はガヤガヤうるさい。小学校のあれとは全く違う雰囲気。
そして学生証を返却。ばいばい。
コンクール表彰があり、
これで受け渡しも終了、解散。
時間は13:30。

夜の謝恩会には袴のままで出席する。
ここからいったん家に帰る。
着付け場所に行き、荷物をまとめる。
これがとてもでかく重い。
袴返却用のでかい箱、着てきた服・靴、
証書、卒業記念品・配布物(←これがクソ重い原因)
それと携行品。
袴なので荷物は肩には掛けられない。しかし手で持つと地面に付いてしまう。
慣れない袴に雨で傘。
駅はすべてエレベーター使わせていただきました。
徒歩10分の道にタクシー使いました。
それくらい大変だった。

帰宅して1時間、16:00ごろ謝恩会へ出発。
謝恩会は2時間ほどで終了。
22:00帰宅。
半日ぶりに袴から開放される。

こうして卒業式の1日が終わった。


卒業式に関してなんか聞きたいことあればどーぞ。
大学の卒業式って、先輩とかいないとわかんないことばっかなんだよね。

PageTop

さよなら学生

学生終了間近。

何者かと聞かれれば
「学生」と答えられるのももう最後。



学生って特別なんだと思った。

今まで気が付かなかったけど、
学生って金銭面でかなり優遇されていたんだな。

そういえばもう学割ってないんだ。
通常料金って、
うわ、高っ!!
学割様様だったわけだ。


こんだけ学生には割引制度があるのだ。
その分学業に勤しまなければならなかった。
学ぶことに真剣に、まじめに。
今さら気づいても遅い。


「所属がない」と、自分が何なのかわからなくなる。
私は一体何者になるのだろう。

PageTop

準備

卒業式用のメイク道具を買いあさる。

写真も撮るのにセルフメイクとは。

普段薄化粧しかしない地味ブサ野郎(おまけに不器用)にはハードルが高すぎ。


こんなどいひーな顔に金などかけん!
とか思っときながら
化粧し始めて3年、今回の買い物でメイクアイテム一揃いした。

式用に買い足した

ハイライト(要らないかも)
アイライナー(使ったって見えませんから・・残念)
赤口紅(着物に合わせて)
赤チーク(以下同)

この4点で計1800円。
結構頑張ったよね。
夜の9時に40%引きセールに気づいて
電車で40分かけて行ったかいあったわ。

あとは液体コンシーラー(これは普段も使う)を買って顔は終了。


まがいなりにも女なんだとしみじみ思う今日このごろ。

PageTop