ふらふら漂“留”記録

卒業まで半年、ここまで来たのに留年するかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

イライラと反省。

自転車で出かけた時のこと。

線路の向こうへ渡るための地下通路を通った。

坂道になっており、
「自転車は降りて押してください」と注意書きがされていた。
重大な事故が発生している、とも書かれていた。

降りるか。
私は強くブレーキをかけ、ゆっくり坂を下った。
それは歩くのと同じくらいの速度で。

あんな狭く見通しのきかない道で走るわけがない。
ましてやスピードを出すなんて。
だって普通に考えて怖いじゃない。

降りようか。
迷いながら通路をそのまま下っていると、
すぐ前を行くおばさんに声をかけられた。


「あの、降りてもらえます?」


え?
私、別にスピード出すつもりないです。
あなたが邪魔でゆっくりだったわけじゃないです。

そのおばさんは、ここであった事故のことを私に話した。

「お願いしますよ。」

わかっている正論をわざわざ聞かされ、
自分の事を誤解されている気がした。
腹が立った。
そして今日に限って降りるかどうか迷った自分に腹が立った。


私は自分をひそかに“チャリ族”と呼ぶほど
よく自転車を使う。
昨今、自転車のマナーやルールが取りざたされているが、
私は比較的ちゃんとしている方だと思っていた。
人通りのない赤信号でとまったり、
歩道を走る時と車道を走る時の区別も自分なりにしているし、
人とすれ違う時はひとこと声かけたり。

いつも自分が「痛い目」にあわないよう緊張感と恐怖心をもって自転車に乗っている。
完璧ではないが少なくとも
人に注意されるようなことはしていない、と思っていた。

だから余計に悔しかった。

違うって。
逆切れする若者の気持ちがはじめて分かった。
説明しようかとも思ったが、
それが言い訳に聞こえたら嫌なのでやめた。


たぶん
今日に限って、のことで事故を起こしてしまったりするんだろう。
わかってる。

ゆっくり下る、はいけないことだったのだろうか。
乗ってる限りはスピードは出しがちになる。
だから「降りろ」なんだろう。
わかってる。


でも腑に落ちないのは
注意書きは守らなかったが、その目的には十分な行為だったと思ってるから。
罪悪感が残るのは
注意書きに従わなかったから。


こんなに引きずるなら素直に言えばよかった。
「こういうとこはだいたい降りるんですけどね。今日は面倒で。
降りて押すのと変わんない速度だったら大丈夫だろうと思ったんです。
でもダメですよね。すみませんでした。」

なんかもう
自分の感情を抑えるのに必死で、それとなく言葉を返すので精一杯だった。

結果的に、私は「痛い目」に遭ってしまった。
もっと気をつけよう。



こないだ手信号をして颯爽と右折していくおじいさんを見た。
かっこよかった。


スポンサーサイト

PageTop

冬支度

1年越しに欲しかった無印良品の耳あてを買った。
ちょうど今日まで安くなってたので気づいてラッキー。

チャリ族でしかも耳丸出しの髪型なんで
欲しかったんだよね。

去年まではニットキャップだったんだけど、
蒸れると痒くて。
髪の毛ぺったんこになるし。
しかも形がかっこ悪くて、自転車乗る時限定でしかかぶってなかったし。

今年の無印の耳あてはサイズが調節できるんだって。
去年は確かなかった。たぶん。
その分アームがカクカクになった気がする。

室内でしばらく着けてたけど、暖かい!!
フィット具合が気になるけど、暖かさはかなり良い^^


よし。

あとは
マフラーと
ブーツと
電気ひざ掛け
家用の手袋。

これで冬支度は完璧。


ところで
耳あてってイヤーマグって言うんだ。へー。

PageTop

震災は。

さんむ。すげぇ寒。
以下に無駄なく毛布を体に巻きつけるかを研究中。
まじで電気ひざかけ買おうかな。

3月の震災の時も今くらいの寒さだった気がする。
計画停電に備えて暖房を切り、
ジャケットや毛布に包まって過ごした。
結局うちには計画停電1度も来なかったけど。

震災が起きる以前と変わらない生活を送っている今。


私の身の回りは地震による大きな被害はなかった。
余震の回数もかなり減っている。

原発事故の影響っつったって、
身近に小さい子はいないし、
店で売ってる東北産の商品はなんの抵抗なく買う。
街中は電気も暖房も通常運転。
でもメディアの向こうでは被災者が苦しんでたり、復興に向けて少しずつ歩き出していたり。

確かにそれは起きたのに、何もなかったかのよう。
原発のことだって、電気を消費する立場の当事者であるのに
他人事のよう。

経験したことのない大きな揺れ。
寝そべっていた私は慌てて立ち上がり、外へ出るための窓をあける。
足が小刻みに震える。
テレビ、ラジオ、ネットで情報を得る。
そしてテレビに映し出された津波の映像に言葉が出なかった。

しばらく続く余震と緊急地震速報。
そのたび身構え、緊張感が走る。
夜は眠れない日々が続いた。
本当に怖かった。

電池や食料が品薄になる。
落ち着いたころに懐中電灯を購入した。

同級の卒業式は中止になり、
新年度の授業も1ヶ月遅れた。

テレビ番組やCMも自粛状態になった。

被災地に不要な文房具を寄付した。


ずべて自分が経験したことなのに
今、何もなかったように生活している。

最近、動画サイトに上がっている震災発生時のラジオ放送を聴いた。
薄れていた感覚が蘇ってきた。


忘れてはいけない。あの恐怖を忘れるわけがない。


小さい頃に起きた阪神淡路大震災のときから、私はずっと地震が怖い。
わりと大きくなってからも、毎晩災害が起きないよう祈りながら眠っていた。
家がぼろいので、揺れを感じると出口をあけ外へ逃げれるよう身構える。

もし「何もなかったかのように生活しない」なら。
私はいつも地震に身構え、
風呂やトイレに行くのも躊躇し、
怯え眠れぬ日々を送ることになる。

そうしたら私の心はもたないし、生活が成り立たない。
だから忘れるんだと思う。
何もなかったように生活しないと、やっていけない。

でも、何もなかったかのように生活するのも
また別の意味で恐ろしい。
だって、大きな震災はまた必ず来るし、
今回の震災だって終わっていないんだし。





PageTop

夢の話

寒いな。


今日は急遽お金稼ぎに行くことになった。

これに遅刻しあわてて向かう、という最高の夢で目が覚めた。
少し時間が早かったが、二度寝は恐ろしかったので起きた。

朝、支度をしていると何か時計がおかしい。
7時に家を出るのだが今の時間が5時半なのか6時半なのかの区別が付かない。

しばらくして、やっぱり遅刻だ!
急いで家を出る。
自転車を飛ばしていると、ナイナイの矢部がいる。
「僕は無理やぁ~」

さて気が付くと、大きなキャリーケースも運ぶことになっている。
上地雄輔といっしょに。
キャリーケースの中には誰かが入ってる。
「自転車を降りて電車にすれば間に合う!」
ってことで上地とごろごろキャリーケースを運ぶ。
歩数を口ずさみながら。
小さい子とすれ違ったところで

目が覚めた。

夢に出てくる芸能人って、
前の日にテレビやらネットやらで見ていることが多い。

でも今回の二人はこれといった心当たりがない。
矢部は・・・やべっちFC最近見てないなぁ、と思ったぐらい。
上地は・・・こないだMステに出てたに見たけど。
特に印象ないんだが。

昨晩は11時に布団に入り、寝付けたのが2時半ごろ。
まぶたがじょぼしょぼする。


頑張ろう。

PageTop

寒い夜だから

日が落ちるとだいぶ寒い時期になってきた。

やだなぁ、もう。

わが家は築うん十年ですき間風だらけ。
寒い。

私は自分の部屋はなく、
寝室である和室の一角に机と本棚をおいている。
一畳だけのマイスペースだ。
なので就寝時間になると
私が睡魔と闘いながらレポートやっている後ろで
約2名がぐーすか寝ていたりする。
明かりやら物音にいちいち反応されると、イラっとしたりする。

それはさておき、寒い部屋の話。
寒くなるとひざ掛けに毛布をかぶって作業をしている。
足は靴下の上にもこもこ靴下、レッグウォーマー(まがいのもの)。
足元にはマット。
でも冷え性の足には効果が薄い。

もう一段階寒くなると、
あまり着てないダウンジャケットやネックウォーマーも組みあわせる。
家の中でダウンとか今CMでアピッてるけど、
前からやってるわ、ボケ!



なかなか本題にいかない;
もっと激寒になると、さすがに暖房を入れることになる。
しかし寝る時って暖房なんて入れないじゃない。
だから寝てる人がいる時は基本的に暖房を切る。
でも寒い。
指先なんか肌むき出しなわけで、麻痺ってくる。

なので今年はなにか「武器」を取り入れようかと思っている。
理想は一人用コタツなんだが、まぁこれは却下。

湯たんぽ
足元カーペット
電気ひざ掛け。

湯たんぽってどうなのかな。電気代かかんないのはよさそうだ。




てかこれ、どれも上半身がさむいよな。





PageTop

言葉に気をつける

このブログを書くときに、
話し言葉を使うか書き言葉を使うかをいつも迷う。
結局混ぜこぜになっているし、正直区別が付いていない部分もある。

文末については「である調」にしている。
「ですます調」は誰かに投げかけるときに使うけれど、
誰も見ていないであろうこのブログにコレを使うのはちょっと抵抗がある。
なので、なるべく使わないようにしているんだが
ニュアンス的になっちゃうときもある。

それこそ誰も見ていないブログなんだから自由にやりゃいい。
でもこのブログは文章を書くの勉強のつもりでもあるので
それなりに気をつけてやっていこう。

-----------------------------------------------------------------------------

卒論の一環で、インタビューを録音したものを文字に起こすという作業をする。
そこで自分の話す言葉や話し方の癖に気づく。
改まってしっかり話さなきゃ、という意識があるし、
かつ相手がお年寄りなので硬くなりすぎないように。

多少普段の会話とは異なっているとはいえ、
やっぱり「若者ことば」と呼ばれるものが出ているようだ。



普段話す時にも気をつけてるんだけどなぁ。

・「やっぱり」が多い→これはインタビューの受け答え上、つい。
・「じゃあ」→「では」と言いなさい。
・「みたいな感じ」→これもうまさに、だよなぁ・・・。

あと、
・笑い声、愛想笑い?がキモイ。
・相槌のリアクションがたまにずれてる。
・相手の話の終わりを見誤る(遮りそうになる)。
・間が長い。頭の回転が悪いので、言いたいことがぱっと出てこない。
・倒置法が多い。頭の回転が(ry、あとから言いたいことが出てくる。
・声が低い。←これはなんとも。

ああ難しい。
普段人と話してる時もこういう喋り方になってんだろうか。


笑い声と低い声はどうにもならんわーorz

PageTop

このザマである

もう「タイバニ」カテ作ってまおうか。

はまりすぎてついにデスクトップの壁紙をT&Bに。

公式HPには1種しかなく・・・。

どうしてもガワだけの画にしたいので、
「公式HEROBOOK」の表紙の画像をちまちまペイントで編集。
ガワ2体とロゴだけ抽出!
思いのほかいい感じにできた(-ш-)
こうなると全キャラ入れたくなる。
うー、109のがうまく使えればいいんだけど
うまく撮れてないからなー(撮り行きましたw

------------------------------------------
なんてしていた週末。



今日はT&Bのイベントがあった。

近場のPVが空いてたので思わず参加したい衝動にかられた。
でも高いし止めておいた。パンフだけでも・・・止めておいた。

別の用があったので、ついでに(本当はどっとがついでなんだか)行くだけ行ってみた。
おお、グッズがいろいろ売ってる。
開演時間中に別件を済ませ、映画館から出てくる
お客さんの興奮している様子を拝んでやろうと企む。
しかし、終了時間を1時間早く記憶違いし(マベられた、と言ってみる
待つのもダルいので帰る。

途中、寄り道して、
「高い」という理由だけでイベントに参加しなかった代わりに
わずか2個だけ残ってた「デマプチ」をゲット。

箱が軽かったので女子組?と思ったら
スカーーイハーーイ!!wwww
かわいいww角が残念すぎるwwなんかもう・・・www

初デマプチ、なんだかお前でよかったよ。
ありがとう!そして、あ(ry

買わなかった残りのもう1個はずっしり重かった。
ぜってー牛角さんだ、あれ。


はー。
ガワ系のグッズは揃えたいなー。
フィギュアーツは諦めるけど、今は。
金があればBLの売り上げにも貢献するのに。
まずレコーダーねぇし。

サントラもいいな。
桂先生書下ろしの画ももっと見たい。
パンフ再販したら買ってしまおうか・・・。


まずは細かいのちまちま集めるかな。


やべぇ、ガンダムとか見るの絶対やめとこ。



PageTop

不覚にも

初めて「アニメイト」に行った。
厳密に言えば友人に連れられて入ったことはある。
自ら足を踏み入れたのは初めてだった。


ここ一週間、
あるアニメにどっぷりはまってしまった。
普段、アニメや漫画は見ないだけに、
はまったときのはまり様がまぁひどい。

見たきっかけは好きなアーティストが主題歌をやっていたから。
内容をみるとなんかちょっと今までにない感じ。

アニメ放送を何回かと最終回は見ていた。
そこで満足していたんだが、
ふと「他の回も見るか」と思い立ち、
そこからはいつものスパイラル。



そしてついに、
公式ガイドブックを買ってしまった・・・。
まさか自分が買うなんて・・・。

かなりきょどりつつ店内を巡回。
グッズなんかも見てみたり。
よかった。欲しいものはなかったw

そして目当てのガイドブックを購入。
うわ、表紙の二人がこっち見てるよ。
買っちまった・・・。


店には置いてなかったけど
ミニミニのフィギュアが欲しい。かわいい、あれ。
置いてあったグッズは中の人ばっかりだったのでよかった。
中の人グッズには興味ないので金を浪費しなくてすんだw



ということで
「TIGER&BUNNY」
絶賛再放送中なので是非見てみてください。

PageTop

悪い夢

苦しい、身動きが取れない。
今日は久しぶりにそういう夢を見た。


へんてこな夢よりも、
日常的でリアリティのある夢を見ることが多い。
目が覚めてしばらく、夢なのか現実なのかわからなくなる。

例えば、やろうと思っていることがあって、
それを夢の中でやり終えて
目が覚めたら、やったと思い込んでたり。
今のは夢だったのか?と疑わないほど日常的な夢。
なかなか夢だと気づかないのが厄介。



もうひとつ勘弁して欲しい夢は
人が死ぬ夢。
自分が死の危険にさらされることもあるけど、
他人が目の前で死ぬ夢が多い。
家族とか知人でなく、見たことない人。
だけど目が覚めると、その顔がはっきりと浮かぶ。
死んでいく場面といっしょに。
しばらくは心臓がバクバクいって、
息が荒くなって、
体に力がはいらない。


テレビの画面からその現場を見ている様だった。
場所は「桑名」。
爆発が起きたか何かで、幹線道路が燃えあがっている。
子どもや大人が迫る炎のなかを逃げ惑う。
燃える炎のすぐ上には高架があり、電車が走っている。
現場の映像を伝えるスタジオでは、芸能人がワーキャー悲鳴を上げている。

まるで
3.11と同じ感覚だった。
私はあの日、
津波が田畑や道路を飲み込んでいく生の映像を
テレビで見て愕然としていた。

炎が人を飲み込んでいく。


こんな夢は久しぶりで、かなり堪えた。
10分・・15分・・・悶絶の時間はどれくらいの長さなんだろう。


私は寝つきが(あ、寝起きもw)悪いんだが、
リアルな夢ばかりで本当に眠るのが怖くなる。


今日はいい夢見れますように。

PageTop

2012

2012年手帳リフィルを買った。
アーティミスのA6サイズ、月間・週間ブロック式
念願の「日曜はじまり」(´∀`)わーい


さっそく今の手帳(コーテッド)のリフィルと差しかえてみる。

P1040373_convert_20111105185725.jpg
リフィルがひと回り小さいので、ぶかぶか。
上下・左右1cmほど余る。

P1040374_convert_20111105190017.jpg
しおりの紐がない代わりに端っこが切り取れる。
メモページはなく、別冊に32ページのノート付。
中は薄い点線の方眼。←すばらしい!

今まで付属のノートは使わないので外していたけど、
2012はぶかぶか対策として使っていこうと思う。
けど、何を書きゃいいんだ?
マンスリーの余白が少ないので、書き込めきれない分を書くか。
何かを貼るか。おおきい路線図貼るか。

んー。みんな何に使ってるんだろう。

あと、いつ来年の手帳に切り替えるのか。
12月まであるんだけど。
買ったらすぐ?今年のを使い切ったら?
来年の予定ができたら?



うーん。

PageTop

諦めが悪い例

変なとこにこだわる。諦めの悪いはなし。 



自分の机周り用にゴミ箱が欲しい。
容量は少なくていいのでコンパクト、
そんで蓋がゆらゆら開閉するやつ。

ダイソーへ行く。
ぴったりなのを発見。
色はピンク・水色・黄緑。
黄緑がいいなー、
でもちょうど小銭がないから買わずに帰る。

黄緑はラス1だった。

2日後、同じ店に行く。
ない。
黄緑のゴミ箱がない。
ピンクと水色は腐るほどあるのに。

くそ、先に買われたか!
あんなゴミ箱がこんなにすぐになくなるとは思わなかった。
でも買う色迷ってたらラス1の選ぶよな。

ゴミ箱の色なんてどうでもいいはずなのに
無性に悔しい。
他の店舗見てみるが、ない。
ダイソー以外の100均も見るが、目ぼしいものがない。
余計悔しい。
 

くそう、こうなったら意地でもあの黄緑のゴミ箱を手に入れてやる。
でももういける店がないよ。

そしたら再入荷するまで待ってやる。


誰がなんと言おうともーー!!うおーーーー!!!

PageTop

歴史はつづく

古い


図書館で借りたちょっと古い本。

ぺらぺら読んでいくと貸し出しのレシートが挟まっていた。

その日付!古い!!
「借りた日 94年8月23日」
「返す日 94年9月11日」


いったい何人の人がこの本を読んだんだろう。
そして読んだすべての人がこのレシートを捨てずにそっとページに挟んでおいた。
なんという歴史!

もちろん、私もこの歴史あるレシートを挟んで返却した。

書庫にあった本なので、読まれる機会は少ないのかも。
次にまた読まれる日を、ひっそりと、あのレシートともに待っているんだ。


ビックリする読者の顔を思い浮かべながらね。。

PageTop

ホルダー改造

ペンホルダーを買おう、という記事を上げた後、

手帳のペンホルダーをいじくってて
気になったことがあったのでやってみた。



このゴムのペンホルダーを
ホルダー改造1 

内側に折り曲げて縫い付ける
ホルダー改造2

ペンを挿すべし!どうだ!
ホルダー改造3

ふ、不安定だな・・・
ホルダー改造4



抜き差し具合はバッチシ。
でも前よりもペンがプランプランだ。

糸切ればすぐ元に戻せるのでまずはこれでいいや。

PageTop

手帳なんやかんや3

今日は手帳を持って
例の手帳のある売り場へ。

そっと鞄から手帳に挿していたマイルミオを取り出す。
置いてあるサンプルを手に取り、
付属のペンを抜き、
マイルミオをそのペンホルダーにイン!!

入る、が半分で限界。
ミチミチムチムチ・・
あかん、抜けない!!やばい!!

落ち着いてゆっくり引き抜く。

ダメだった。
クリップを引っ掛けてもみたけど、
ホルダーの皮が柔らかいのでサッと挿せない。


んー。
諦めよう。うん。素敵だけど。

ルミオを諦める、ホルダーを別途つける、って手もある。
でももうちょっと今の手帳を使ってみることにする。
気づいてない魅力がもっとあると思うんだ!

それでも欲しくなったら来年でも途中でも買い換えるわ。


ついでにペンホルダーも物色。
できれば挿しにくさを改善させたい。
ゴムバンド式のは×
接着させるのも×
表・裏の面にペンが出てきてしまうものも×

となると有力なのは
トラベラーズノートのペンホルダー
クリップ挿しタイプと本体挿しタイプがある。
今のゴムに挿すので不満ってことは
前者のタイプがいいんだろう。
実際サンプルがあったので手帳に取り付けて試す。
抜き差しのときに若干ズレるんだが、こんなもんなの?
同じタイプのを探してみてなかったらこれにしよう。

ささ、
気持ちが変わらないうちに、
アーティミスのリフィルを注文したほうがよさそうだ。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。