ふらふら漂“留”記録

卒業まで半年、ここまで来たのに留年するかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

けじめ

大手紳士服店のCMが春シーズン仕様になった。
卒業だの入学だのフレッシャーズだのスーツデビューだの。
「3月9日」に合せて、なんだかふわふわした感動的風な映像が流れる。

自分がこんな立場だからかもしれないが、
ああいったCMを見て「いいなぁ」と思う当事者はあまりいないと思う。

***********************************

実は今、卒業式に出席するか迷っている。
当初は全く出る気などなかった。
去年であっても、だ。
お世話になった教授にだけ挨拶して、帰ろうと。

ところが。
「出ようよ」「あなたが出ないと私も出ない」と言われてしまった。
もちろんどこまで本気で言っているかはわからない。
しまいには教授にも言われてしまい・・・。

私は成人式に出なかった。
友人が家まで誘いに来たが、行かなかった。
式典ものが好きでない。
旧友にも会いたくない。
だから行かなかった。
後悔はしていない。

「出席するチャンスは1回なんだよ」とよく言われる。
しかし私に言わせれば「出席をしないチャンスも1回」なのだ。
「迷っているなら行け」とも言うが、それが必ずしも正しいとは思わない。

「出席しない後悔」よりも「出席した後悔」の方が苦しいと思う。


だが今回はちょっと心境が違う。


私が順調に学業をこなせば、
昨年春に卒業するはずだった。
ともに学んだ同級たちは、3.11の影響で晴れの舞台がなくなった。
それに対する後ろめたさもある。

自分の不勤勉、怠惰のために多くの人に迷惑をかけた。
卒業式なんて晴れ晴れと堂々した場にいれる学生ではない。私は。



正直、行きたくない。
でも
行きたくなくても行かないと後悔する、そんな気がするのだ。
これまでと違い、後悔しない自信がない。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。