ふらふら漂“留”記録

卒業まで半年、ここまで来たのに留年するかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

仕事と文房具1

久々に文房具と戯れる。

仕事帰り、疲れて半分寝ながらハンズと世界堂を徘徊。
じっくりと文具を眺める。

まずは手帳を探す。
2013年の手帳がずらり。もうそんな時期か・・・と切なくなりつつも、
自分がほしいのは今すぐ使える手帳。来年じゃなくて今。

2012年の手帳。
「アーティミスの月間+週間」で始まったものの、
それほど書く予定もなく、持ち歩くのも荷物ですっかり本棚で寝そべっている。

第2選手はロルバーン。
雑記帳と手帳が一体化したことでなかなか便利だったが、メモページを使い切り。

またロルバーンで行きたいところ。
だが、仕事用のメモとしてロルバーンミニサイズを持ち歩くようになり、
加えてもう一冊持ち歩くのは避けたい。

で、月間の薄い手帳を探しに来たのであった。

今から使えるとなると選択肢はあまりなく、
ダイゴーの19か月使えるやつにした。

「手帳は月曜始まり派!」「なぜ月曜始まりが少ない!」などと散々言っていたが、
今度は会社のカレンダーに合わせて日曜始まり希望。

こちらは見事に月曜始まりであります。嗚呼orz

--------------

仕事で常に持ち歩くメモはロルバーンのミニサイズ。
Mサイズに慣れ親しんでいるのでずいぶん小さく感じる。
しかしポケットに入れておくのにはこのサイズがジャスト。

なんの迷いなくロルバーンをセレクトしたが、
この手のメモ帳はやっぱり縦めくりだよな、と思う。
手に持った時にリングの大きさがネックなのだ。

売り場をうろつき目に留まったのがツイストリング。
大きさが持ちやすく、ページ差し替えが楽なのはいいよなぁ、
しかし表紙の薄くて書きにくいかなぁ。

メモが「書かれる方」なら「書く方」も考える。

「書く方」は一択だと思っていた。
まさかパワータンクを使うような仕事をするようになるとは。
教えてもらっている先輩もパワータンク。黒・赤を常備している。

ところが、
頭の悪い私は多色ペンで色分けしてメモしたい。
結局、相棒のジェットストリーム0.5inリポーター4を使っている。
軸については問題ないが、
ジェットストリーム芯には少々頼りないところ。
自分用のメモにはいいが、正式、保管書類には避けたい。
0.5の細さゆえ、人に見せられる字が書けない(私の字の汚さの問題)。
実際の支障が出るまでは非加圧ペンで行こうとは思うが、
ジェストに関してはノーマルインクも検討したい。
ジェスト以外食わず嫌いになっているし、これを機会に他も使ってみたい。

といいつつ、ジェストの替え芯を買っちゃったんですけどね(爆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。